ABOUT

もう一つブログを始めました。


迷いの森の育児日記
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMENDED
LINKS
OTHERS
管理者ページ
rss
rss みんなのブログポータル JUGEM qrcode

<< 節約節約 | main | ニュージーランドが恋しい >>
魔法使いハウルと火の悪魔
JUGEMテーマ:児童文学

前々から読んでみたかった「ハウルの動く城」の原作を読みました。

 帽子屋さんの長女のソフィーが理由もわからず魔法使いにおばあさんにされて
 家を出るしかなくなってしまい、魔法使いの元で勉強してる妹のところへ行こうとします。
 でも思ったより遠くて道半ばで夜になってしまい
 たまたま近くに来た、町で恐れられてるハウルの動く城に乗り込み、住み着きます。
 そこで会った火の悪魔のカルシファーは
 ハウルのせいで暖炉に縛り付けられていると言い、
 自分を助けてくれたら、代わりにソフィーの魔法も解いてあげると約束し
 ソフィーはなんとか助けようとするうちにハウルに恋をする。

こんな話です。

映画をすごく気に入ったから、「いつかは」とずっと思ってたの。
それで読んでみたら、映画と全然違う!!

びっくりしました

まず、ソフィーの印象が全然違う。
映画では普通に落ち着いたお姉さんでしたが
小説ではいつも怒ってばかりで卑屈な性格。
ハウルも全然違いますよ。
ちょっと少年な所もあるけど、基本家族を大切にする若い旦那なイメージが
やることはちゃんとやるけど、ソフィーに対して言うことすることが子供。

うわぁ〜、かなりガッカリ。
映画のハウルは素敵だったのになぁ

マイケルは小さい男の子じゃなくて十代後半だし。
お母さん、悪い人っぽくされてたけど、いい人だったし。
こんなに変えて原作者は宮崎駿に怒らなかったのかしら?

だけど小説から映画化になった作品の常と言ってもいい
なんでそうなったのかわかんない。という点を解明できて
かなりスッキリしました。
ここまで登場人物を変えてあると
なんだか別の物語を読んだような気さえしてきます。

面白かったかどうかで言うと面白かったです。
でも、やっぱり児童文学だなぁ。子供っぽい。
これならハリーポッターの方がずっとおもしろいですね。

この物語、一冊だけで終わるかと思いきやもう一作あるようです。
今度図書館で予約しようっと。

評価:★★☆☆☆



にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

如月瑠奈 | 読書日記・感想文 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
瑠奈ちゃん いつも偉いねーー(*^^)v
いろんな事 勉強して良く知ってるもん
感心しています。

・・・ハウルの動く城・・・
もう一回 見たいねー
原作は、見たくないですね
夢 こわれちゃう (*^_^*)
ヨッシー * 2009/09/06 11:56 AM |
気になったらいてもたってもいられないだけよ☆

ハウル、夢が壊れてしまったよ。
でも子供には原作の方がいいかもしれない。
映画は大人向けだったみたい。
瑠奈 * 2009/09/07 1:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://housewife-diary.wonderful-shop.whitesnow.jp/trackback/5
トラックバック